せどりで儲けよう

今コロナウイルスでマスクを買い占めて転売している人が居ます。そう言う人もせどりと言いますが、あまり宜しくありません。

私の考えでは、公共の福祉に反しないせどりは有りだと思います。欲しい物を探してて、アマゾンを見てたら転売ー訪問者はわからないーしていて、欲しいものが見つかった。そう言う場合アマゾンに来て良かったと思うでしょう。

また、その訪問者は再びアマゾンで品を買いたいと、思うでしょう。
そこにせどりの強みがあります。
それは訪問客、はまた訪問する。買うものは大体決まっている。

つまり、ある特定の対象、ブルーオーシャンを見つけて、先駆けてせどりをすると、永続定期な利益を得ることができます。

要するに公共の福祉に反しない。例えば、買い取った品物を法外な値段で売らないと言う事はせどりでは許されると言うことです。

お客様は様々なニーズを持っています。ですから、最近のトレンドを見たせどりでは勝機は薄いでしょう。
ですので、まだまだ未開な分野をAmazonで探して、ブームになりそうな物をあらかじめ予測する。
何度も言いますがマスクを買い占めるといった、公共の福祉に反する物はよくありません。
また子供達が大好きな任天堂スイッチを買い占める様なこともよくありません。子供の夢を壊したらいけません。

私はせどり自体を否定したりはしません。しかしやりすぎは禁物です。商売に置いて顧客に不利益を与える様なビジネスは許されないと思っています。

つまり、これからブームになりそうな物を少し買い、何点か売り様子を見る。
それがブルーオーシャンならば買い占めててんばする。
何故ならブルーオーシャンとは未開と言う意味だからです。
それをせどりても第三者の迷惑にはならない。

せどりとは安く仕入れて高く売る物です。難しいですが、公共の福祉に反したり、子供の夢を奪う様なビジネスは良くないと、私は思っています。

これからせどりを始めようと思う読者の方々はせどりをして社会を乱さない様にビジネスをする必要があります。

初めは難しいかもしれませんしかし人間は慣れるものです。何れ、どうすれば儲かるかわかるでしょう。

私のお勧めはこれからせどりを始めたい皆様は、せどりの塾に行くべきです。
そこでせどりのノウハウを学習して、良い、お客様の満足できる、ビジネスができる様になると思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です